メンズヘルスクリニック東京がAGA医師監修として開発したスカルプDとは

男性型脱毛症に効果が期待できることで有名なスカルプDはAGA医師監修であることでも知られていますが、実はそのAGA医師の1人というのがメンズヘルスクリニック東京の医師で、メンズヘルスクリニック東京はスカルプDの開発に関わっており、ノンシリコンなので髪や頭皮に優しいだけではなく、成分一覧を見るとわかるように配合されている高麗人参を高濃度精製したジンセノリキッドEXによって健康な頭皮環境へと導くことによって髪の健康を守ります。

 

 

そしてスカルプDがこだわっているのが独自開発した成分であるアミノウォッシュプラスというもので、余分な皮脂や汚れを落として必要な潤いを残して頭皮にはダメージを与えませんし、同じく独自の機能であるD-カプセルは頭皮に成分をしっかりと届けるために毛穴の2000分の1というナノ技術を用いたカプセルもあります。このシリーズを使うならば、まずはシャンプーで頭皮を洗ってパックコンディショナーで頭皮に潤いを与え、育毛トニックで健康な髪を育て、日ごろ摂取しきれていない成分をサプリメントでとることで体の内側からケアしていくという方法を行なうのがベストだといえるでしょう。

 

 

値段は脂性肌用であるオイリーと乾燥肌用であるドライが3900円、プレミアムシャンプーが10580円、パックコンディショナーが3900円、プレミアムパックコンディショナーが10580円、育毛トニックが3240円、ローションが2020円となっており、このシリーズにはもちろん女性用もあって、そちらはボーテと名付けられて黒豆豆乳発酵液が新配合されています。またDカプセルのおかげで髪を生き生きとさせて洗いながら髪にハリやコシを与えることができるのがメリットになり、頭皮にも優しいので様々な変化に負けない髪作りに役立たせることができます。

 

 

男性用を見てみるとわかるのが頭皮のタイプによってそれぞれシャンプーやコンディショナーがあるということで、これはシャンプー選びは頭皮の環境にあわせたものにするのがベストという考えによるものでして、育毛をする上では頭皮の状態を整えることが重要課題であることから提唱されているものなのです。AGAの治療専門クリニックへ行くと専用シャンプーなどがあり、それはやはり一般的なシャンプーとは違って石油系のものではなく、アミノ酸系のシャンプーですし、頭皮と髪に優しいものを使って負担をかけないというのが育毛や発毛の基本といえるのです。

 

 

では開発に関わっているメンズヘルスクリニック東京というのはどんな病院かといいますと、症例数も多くて国内ではダントツのクリニックなので信頼度ではかなり高いといえますし、治療を開始するようになれば1か月に1度の通院では毎回頭部の写真撮影を行ないますから自分の髪の変化を目で客観的に見ることができるので便利です。医師やスタッフが非常に丁寧な対応をするだけではなく本当に患者のことを考えた治療を行っていることも評価が高いところですし、内服薬プラスAGAの専門医だけではなく、皮膚科や形成外科、精神神経科など様々な分野の専門医師が集まっていろんな角度から総合的に治療をしているので治療の成果が高いといえます。またこちらのクリニックではスカルプDを定価よりも少し安く購入することができるのもメリットの一つなので、興味がある方は少しでも安く購入するためにそちらで買ってみるのも良いのではないでしょうか。薄毛について相談することができることによって自分だけでコンプレックスを持って悩むのではなく前へ進むことができるようになりますし、生活習慣や食生活の改善なども積極的に行なうことによって発毛しやすい体質へと変化することが期待できますので、特に男性型脱毛症の方はまず行動を起こすようにすることが大切なのではないでしょうか。

 

 

スカルプD自体にはよく育毛に効果的だといわれている成分のミノキシジルやフィナステリドなどは配合されておらず、あくまで髪が成長しやすい環境作りができるシャンプーだということで利用されており、そのミノキシジルやフィナステリドなど育毛治療に使われる内服薬と併用することによって発毛や育毛効果がアップするというのが真実なので理解しておくと良いでしょう。2010円4月には日本皮膚科学会が男性型脱毛症診療ガイドラインというものを発表しており、このガイドラインによれば科学的に育毛効果があるのはミノキシジルとフィナステリドのみだと断言しています。

表参道スキンクリニックのAGA医師監修のVITALISM(バイタリズム)とは

VITALISM(バイタリズム)はノンシリコンで成分一覧を見ても石油系界面活性剤不使用、逆に赤ちゃんが使っても全く問題がない植物成分グルコシド系洗浄剤を使用していますし、男性用はフローラルグリーン、女性用はハーバルフローラルというハーブ系アロマの香りによってリラックス効果も十分に感じることができるのが特徴のシャンプーです。このシャンプーは男性型脱毛症であるAGA医師監修であることが知られていますが、開発責任者が表参道スキンクリニックの院長である松木氏、そして開発プロデューサーは同じく表参道スキンクリニック勤務の友利新医師となっており、髪と頭皮の健康を考えて開発されました。購入はドンキホーテグループのオンラインショップになり、値段は1本2000円前後となっているので店頭などで確認してみるのが良いでしょう。

 

 

VITALISM(バイタリズム)にはミノキシジル誘導体であるピロミジノールが注目すべき成分で、これはピロリジニルジアミノピリミジンオキシドを中心に水溶性コラーゲンや加水分解コラーゲン、サッカロミセス溶解質エキス、キハダ樹皮エキスなどでできており、2013年に誕生したばかりの新化粧品原料なのですが、友利医師は日本で初めてこのピロミジノールを成分としてバイタリズムに配合したのです。ミノキシジル誘導体はミノキシジルを真似たものといえるものであり、効果として血行促進や毛母細胞への酸素や栄養の供給、毛髪成長促進効果が期待できるというものなので、シャンプーとはいえ、洗いながら毎日育毛をしているも同然なのだといえます。

 

 

水溶性コラーゲンは主にフカヒレやサケ、ひらめ、カレイなどの皮から抽出したコラーゲンのことをいい、よく化粧品などではマリンコラーゲンと呼ばれていますので知っている方も少なくないのではないでしょうか。このマリンコラーゲンはいくつかあるコラーゲンの中でも最も保湿力に優れているといわれているもので、頭皮環境を整えるために使うバイタリズムに配合されていることで余分な汚れや皮脂を落としながらもしっかりと頭皮を保湿して潤いのある柔らかな頭皮に変化させ、育毛しやすい状態にしていきます。

 

 

開発に関わった表参道スキンクリニックは美容関係はもちろんAGAに関しても専門的な治療を行っており、4か月で98%に発毛実績がありますから、悩んでいる方にとってはかなり頼りになる存在だといえ、こちらのクリニックではまず無料カウンセリングを受けた後に初診で脱毛症や頭髪、頭皮の状態、現在の健康状態などをチェックし、薬の服用などをしても問題がないか血液検査を受けて問題がなければ個人にあわせた内服薬を処方され、必要に応じて頭皮ケアを行ないながら治療をしていくことになります。バイタリズムは頭皮環境を整えて育毛できるようにするためのシャンプーやコンディショナー、トニックなどがありますが、このように表参道スキンクリニックという頭皮ケアについて熟知しているプロが開発しているからこそ、その効果の高さも期待できるのです。

 

 

クリニックでは女性向けの薄毛治療も行っていますが、女性向けの治療の場合はスタッフが全員女性なので安心して相談することができますし、医師も女性が常勤しているので女性ならではの相談内容でも遠慮なく話すことができるのがメリットなのです。男性の場合の薄毛は男性ホルモンが多くの原因を占めているといわれていますが、女性の場合はホルモンバランスの乱れが原因だといわれており、仕事上や人間関係のストレス、過度のダイエット、睡眠不足、また卵巣や甲状腺などの内分泌系の疾患なども原因になっていることがあるため、一概に何が原因だというのは言えず、検査など詳しく調べてみる必要があります。

 

 

バイタリズムは男性用は黒色の男性的な印象のボトルを採用し、女性の場合は優しいピンク色のボトルになっていて柔らかな印象になっており、男性は男性向け、女性は女性向けの成分で作られているので育毛しやすい頭皮環境を作るためにふさわしいシャンプーなどになっています。実際のところ、頭皮環境を変えるにしても育毛や発毛をするにしても短期間でできるものではありませんから長い目で見る必要があり、そういう意味ではバイタリズムがその効果の割りには低価格で販売されていることは薄毛改善を目的としている方たちにとってはとてもうれしいものであるといえます。